Jul 26, 2013

marble-revolver:


小沢健二

心斎橋タワーレコード インストアライブ

1993年7月23日


++++++++++


今からちょうど20年前の今日、
僕は彼の登場を待っていた。

どこに立っていればいいのか分からないほどの、人の数。

覚えているのは、ベレー帽をかぶったオリーブ少女がたくさんいたこと。

店内には、『天気読み』、『暗闇から手を伸ばせ』が繰り返し流され、

「ああ、フリッパーズギターは本当に解散したんだな」と改めて思う。

そんな中、小沢健二は照れ臭そうに登場した。甲高い声が一斉に破裂。


僕は後方にいた

近くで立っていた女の子が何も見えないと泣き出して、

「前の方の人座ってください」と別の誰かが言い、

また別の誰かが、

「小沢君!前の人に座るように言って!」と叫んだ。

彼はギターを手にちょっと困ったような顔をして、

「前の人、座ってだってさ」と実に彼らしい言い方をした。


曖昧な記憶だけれど、演奏曲は

『天気読み』、『地上の夜』、『向日葵はゆれるまま』だったような気がする。

「詩集を歌ってるみたいだ」と、

天気読みを初めて聴いた時に思ったことを再度思う。

途中、ふざけて『恋とマシンガン』のイントロを彼が弾いたら、

皆が一斉に悲鳴にも近い声を上げた。

すぐに彼はぱっと手を止め、「えー!」という声が一斉に浴びせられる。

「やらないやらない。もっといい曲作ったからさ」と、彼はおどけるように言った。


『世界塔よ永遠に』から抜け出せていなかった僕は、

(いや、今も抜け出してるかどうかわからない)

ギターを弾きながら細い声で歌う彼の姿を見て、

「今日を境に何か変わるかもしれない」と思った。


後日発売されたアルバム、
『犬は吠えるがキャラバンは進む』は、

今も大切な一枚。



ということで、

今度は『ヘッド博士の世界塔』と出会った日のことでも書こうかな。

 

Apr 15, 2013

o z k n . n e t: ozkn.netからみなさんへお知らせ∘࿀⃝◯∘༚࿁&1

wareratoki:

image

突然ですがお知らせです。

さきほどhihumiyo.netで発表がありましたように

当ozkn.netは来たる4月24日をもちまして 一旦終了させていただく事になりました。

この一年の間にご投稿をいただいた大勢の方々、ご覧下さったみなさんに支えられて無事この日を迎えられた事を心より感謝いたします。

どうもありがとうございました。

みなさんの日常がたゆみなく続いて行くように 犬も吠えますがキャラバンはどんどん進んでいきます。

まだもう少し続きますが、終了後も hihumiyo.net ともども どうぞよろしくお願い申し上げます。


春の日に

ーozkn.net


Illustration:sucreusagiさん

ハクション大魔王やめて〜〜笑 全然印象変わっちゃう〜!

Mar 5, 2013

o z k n . n e t: オザケン世代

wareratoki:

小沢くん でも パーフリ でもなく
オザケン世代の劣等感みたいな気持ちというのが存在します

小学生の頃 近所の大学の学園祭に遊びに行って
フリーマーケットのお姉さんに
「小沢健二のCDありますか?」って聞いたら
「パーフリならあるよ。知ってる?小沢くんが前にやってたバンドだよ。」
って言われて、なんだか悔しかったのを忘れられません

オリーブを読み始めたと思ったら終わってしまったり
ひとりでライブに行ける歳になったら、、

大人になって、お店を始めて
色んな人と出会ってニュースを知って
ある日
「俺の周りで小沢健二を一番好きな人と一緒に行きたいから」

なんかいい!

Jan 17, 2013

o z k n . n e t: 限りなく暇に近いブルース

wareratoki:

暇ってなんだろう???

人間に暇なんてあるわけない!さあ働け!って啓蒙するおっさんも結構いるだろう。

たしかにそりゃあそうだ、だって、学生は勉強しなきゃならないし、社会人は働かなきゃならないし、奥さんは掃除・洗濯・料理・買い物etc・・・、旦那としてだって、時には家族サービスしなきゃならないと言えばそうかもしれない。

言われてみれば暇なんてどこにもない。つまり、人間は自分で暇をつくっている。やる事が真にないのではなく、それを自ら放棄して、「ヒマだぁ・・・」なんて言っているのである。

Dec 27, 2012

o z k n . n e t: 想像してみよう♡

wareratoki:

街中にはイルミネーションが華やぎ、空気がキレイな季節、いかがおすごしでしょうか。

突然ですが、コレ↓ が気になっています。

image

ココや、favicon(アドレス前のアイコン)にもなっている、コレ↓(300%拡大)

image

なので、勝手に「シルエット・クイーーーズ!」

・・・はじめさせて いただきます。

回答<1> うさぎ。   ココではベタかな。。

image 

回答<2> シカ。 上部左右の突起物はツノかなぁ〜と思ったけど、

          描いてみたら、、ちがったみたい。。

image

回答<3>-A アヒル。

Dec 10, 2012

o z k n . n e t: 『長い階段を登り生きる日々』

wareratoki:

好きな人ができると、普段の景色や、音楽や、街が変わる。
心は高揚したり、無為に下降したりする。まるでジェットコースター。

仕事ではなく、その人のことや、その人との未来のことを考える時間が自然と増える。
たぶん、経済的な生産性は下がってる。けれど、そんなの関係ない。

パッと明るくなったり、ドンよりと暗くなったりすることの繰り返し。

この人をずっと守りたい。と思うのだけれど、この思いがずっと続くかどうかも、正直なところはわからない。
でも、一緒にいたいと思うことは確か。
不確かで、曖昧で、いい加減な自分が、永遠で、確かで、厳密な理想を求める矛盾。

Nov 26, 2012

o z k n . n e t: あの窓

wareratoki:

ちょうど半分は語られていない。


はっきりいって。


そのことがいらつく。







思うのは、逸脱する瞬間。


人との出会いなり、ロックなり、小説なり、なんなり、人によるけど、中学生のとき、高校生のとき、


強烈なパンチがやってきたときがあったでしょう。


あれ!?っと、突然「こういう風に見て」といわれている世界が崩れて見えたとき。


そして、やってくる声。光。感触。


Nov 19, 2012
wareratoki:

東京の街が奏でるの曲の予想です。 1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)では?? 理由はあの場所には数えきれない笑顔があったし、何だか魔法みたいな時間だったからです。 詳細は以下のリンクを。正解は何だろ~。http://ozkn.net/post/35618586825/1 写真の説明忘れてました。近所の公園の紅葉です。 東京の街も染まりはじめました。 赤色と緑色が混じってます。 &1件のポストはお題を出したつもりではなく、ちがう演目を想像するのも一興かと思っただけだったのですが、たくさんの方に色々な想像をしていただいて、ありがたく思っています。ここでまとめてお返事します。 夢が夢ならはけっこうリハした割には、本編には入りませんでした。だから正解なのですが、実際には第六夜のむちゃくちゃな解放感みたいなものの中にひゅっとまぎれこんだので、「正解というか」と言葉を濁しました。 いただいたたくさんの答えの中には、他の曲でも正解がありました。全部ばらすのも無粋なので、どれかはご想像におまかせします、にさせてください。 展覧会や夏のスカイプのくり返しになってしまうのですが…。 コンサートの演目がちがったかもしれないように、何についても、ちがう形の結果というのはありえると思います。「ちがう結果はありえなかった。現在の形が唯一の合理的な、運命的な形だ」と考えるのは、楽だけれど、本当ではないと思います。 そして「ちがう形の現在がありえた」なら、未来だって、いつもちがう未来が、ちらちらと動いているということだと思います。 「うさぎ!」の根本には、そういうことがあります。 でも、そう思いませんか?

wareratoki:

東京の街が奏でるの曲の予想です。

1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)では?? 理由はあの場所には数えきれない笑顔があったし、何だか魔法みたいな時間だったからです。

詳細は以下のリンクを。正解は何だろ~。
http://ozkn.net/post/35618586825/1

写真の説明忘れてました。近所の公園の紅葉です。
東京の街も染まりはじめました。
赤色と緑色が混じってます。



&1

件のポストはお題を出したつもりではなく、ちがう演目を想像するのも一興かと思っただけだったのですが、たくさんの方に色々な想像をしていただいて、ありがたく思っています。ここでまとめてお返事します。

夢が夢ならはけっこうリハした割には、本編には入りませんでした。だから正解なのですが、実際には第六夜のむちゃくちゃな解放感みたいなものの中にひゅっとまぎれこんだので、「正解というか」と言葉を濁しました。

いただいたたくさんの答えの中には、他の曲でも正解がありました。全部ばらすのも無粋なので、どれかはご想像におまかせします、にさせてください。

展覧会や夏のスカイプのくり返しになってしまうのですが…。

コンサートの演目がちがったかもしれないように、何についても、ちがう形の結果というのはありえると思います。「ちがう結果はありえなかった。現在の形が唯一の合理的な、運命的な形だ」と考えるのは、楽だけれど、本当ではないと思います。

そして「ちがう形の現在がありえた」なら、未来だって、いつもちがう未来が、ちらちらと動いているということだと思います。

「うさぎ!」の根本には、そういうことがあります。

でも、そう思いませんか?

Nov 19, 2012

Nov 13, 2012

o z k n . n e t: 夢が夢なら &1

wareratoki:

http://ozkn.net/post/35248467518/1

ひそかに出されたお題、この曲じゃないかなぁ、オペラシティの演目曲。

「夢が夢なら」 

なぜこの曲かといいますと・・・・直感です。(考えてたら、どれも怪しく思えてきて、初めに浮かんだ曲にしました。)

年越す前に、正解が出ますように。(祈)




&1

正解というか、「夢が夢なら」は一夜だけやりました。アンコールのドアノックの前にちょっと弾き語りで。聴いた人いるかな…。

えー、正解、なんでしょね笑 「恋しくて」とか「愛について」とか。さっぱりわかりませんね笑

Navigate
« To the past Page 1 of 10
About